YUKIYA & SHUNSUKE

こんにちは、ひでです。

3月3日は、ひな祭り。
ということで(?)新宿LOFTで突発的に開催された「CASE OF 雛祭 ~緊急セッションGIG~」に行ってきました。

LOFTの入口、歌舞伎町の地下1階から地下2階へといたる踊り場にある看板をパシャリ。
DSC_0051

この日の出演者は
藤田幸也(D≒SIRE)/ 舜(覇叉羅)
kazu(蜉蝣)/ 川内亨(12012)
吉岡寿之(Kαin)/ 健児(the bullet)
真嘉(logiq)/八尋(logiq)
武史(logiq)/ その他…?
ということで、私にとってはもう最初の2人だけで行く価値がありました。

藤田幸也と、舜。
この2人は、私が人生で一番愛したヴィジュアル系バンド「JILS(ジルス)」のVOCALとGUITARなのです。
JILSの後期には、それぞれ「幸也-YUKIYA-」と「俊介-SHUNSUKE-」という名義で活動していました。
私は勝手に「幸也くん」「俊くん」と呼んでいます。
ぜんっぜん友達でもなんでもなく、むしろ私にとっては神様のような存在なのですが……万々が一、ご本人がこのブログを見たときのために謝っておきます……呼び方が馴れ馴れしくってスミマセン……。
いや、もちろん、対外的に呼ぶときにはちゃんと「幸也さん」「俊介さん」って呼びます。
この日、LOFTに当日券があるかどうか電話で確認したときも「今日の幸也さんのLIVEの~」って言ったし!
自分勝手なファン心理ということで、お許しください……。

……まぁそんなイイワケはともかく、この日はJILSの曲とかはやらずに、氷室京介(ヒムロック)のカバーバンドという形でした。
私はヒムロックの曲はほとんど知らず、テレビでたまたま流れてたり、誰かがカラオケで歌ってたりするのを聴いて「サビくらいは何となく分かるかなー」程度の知識しかありません。
でも、出発前にもう一度、幸也くんと俊くんが同じステージに立ってるのを見られただけで幸せでした。
2人とも楽しそうだったしね!

彼らは、新宿LOFTでLIVEをするときには、ちょいちょいオリジナルカクテルを用意したりします(昔、幸也くんはバーテンダーだったらしい)。
LIVEの演奏中の写真を撮るのはNGなのですが、LOFTのスタッフにお願いしたら「カクテルの写真はOK」とお許しをいただけたのでパシャリ。
DSC_0054
作ってるのを見ただけではレシピは覚えられなかった(知らないリキュールを使ってた)けど、爽やかな甘さで美味しゅうございました。

幸也くんと俊くんについては、またこのブログで触れることもあるかと思います。
まぁいくら書いても書き足りないし、幸也くんは「あんまりインターネット上に余計なことを書くな」と言ったりするので、あんまり深くは書かないと思うけど……。

世界一周旅行も、最初は4月くらいに出発しようと思ってたのですが、幸也くんの現メインバンド「Kαin(カイン)」が5月3&4日にLIVEをやるので、出発を遅らせました。笑
それだけが理由じゃないけど、けっこう大きな部分を占めています。

本当に良い曲が多いので、ぜひ聴いてみてください。
YouTubeに、幸也くん自身が何曲かアップしたりもしてます。
せっかくなので、JILSとKαin、それぞれ1曲ずつぺたり。

【Youtube】JILS – Innocent Cry(Shibuya AX)(転載)。

【Youtube】Kαin – Inlandempire #02(転載)。

んー、やっぱり最高だー!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です